なぜ女の子を希望する人が多いのか

理想は3人、現実は2人

ちょうどバブルの崩壊と言われた時期が調査の時期と重なり、将来の不安感もあったためか、理想的な子ども数は、11年前の調査に比べて、2人を望む人のほうが3人を望むより増加しています。

 

しかし、産婦人科病院としての実感では、おもしろいことに、これからあと、3人目の妊娠で出産するために病院に来る人が多くなっているのです。

 

産み分け法への関心により女の子を希望する人が上昇

男女産み分け法自体への関心は、先に示した調査で、この10年間で70%から80%へと上昇しています。これは、この10年間の教育指導の成果や、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などを通じた情報による影響で、この結果は当然だということが出来そうです。

 

産み分け法への関心が次第に大きくなるとともに、産み分け法は「自然に背く」のではないか、という考えも、若干ではありますが、減少してきました。ほぼ半数の人が、これを容認するようになったということにも、やはり時代の流れが感じられるのです。

 

次に生まれる子は、結論的に男の子がいいのか、女の子がいいのかという戦いの軍配は、女の子に上がったと思われます。

 

女の子を希望する傾向がさらに顕著に

十年前にも女の子を希望する人は若干多かったのですが、ここ数年の調査によると、その傾向はさらに顕著になってきています。ではなぜ、女の子を希望する人は男の子より多いのでしょうか。

 

これでは、れっきとした性差別ではないですか。でも、なぜ? 若干の人にその理由を聞いてみると、次のように回答してくれました。

 

「女の子のほうが男の子よりかわいいから」
「ファッション性があって、1緒に連れて歩くにもいいから」
「男の子よりも育児がしやすいから」
「男の子より熱や病気に強いから」

 

これといって明確な理由はないようで、少々説得力に欠けますが、こんなところなのでしょうか。

 

他に意味不明は回答も

このほかにも、少し意味不明な部分があり、えっ?と思うような回答がありました。少し紹介しておきましょう。

 

「女性は職にあぶれる心配がないから」
「女性の時代に将来はきっとなるから」

 

これらはまだ良い方で、「結婚できるから」という回答もありました。これは一体、なんなんでしょうか。

 

 

関連ページ

男女の生み分けの確率はどのくらい?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分けゼリーを使うと副作用はあるの?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
不妊症でも生み分けはできるの?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
高齢出産で産み分けをお考えのあなたへ
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
受精までに精子がめぐる道
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
お酢で女の子を産み分けるには
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
食事による産み分けは効果はある?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子の産み分けは成功率が低いの?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
子宮を温める方法について
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
子宮を温めることのメリット
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
双子の産み分けもできるの?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分けの始まりとは?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
卵子は男女どちらでも使用可能
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
親の性質子に伝える染色体
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。