賛否両論うずまく産み分けの普及

男女産み分け法に対する厚生省の意見

男女産み分けの成功例からさかのぼって、厚生省による「生命と倫理に関する懇談会」でも、男女の産み分けをどう考えるかについて取り上げられましたが、結論はとくに出しませんでした。

 

ただし、厚生省内には、当時の懇談会の雰囲気などから、「制約なしに男女産み分けを認めることは問題が多すぎる」という批判的な意見があることを、朝日新聞は報じています。

 

産み分けが急ピッチで普及

この飯塚・慶応大学教授グループにより開発されたXY精子のパーコール分離法を使った男女産み分け法問題は、医学界に大きな波紋を投げかけましたが、新聞各紙で報じられたこの頃にはすでに、ほかの同グループの開業医たちの間にも、産み分けが急ピッチで普及し始めました。

 

この時点で、読売新聞の調査によると飯塚教授グループが妊娠30人、誕生12人、他の開業医でも誕生30人を数えています。

 

激化するパーコール使用の論議

そして、このパーコール使用をめぐっての賛否両論の論議は、ますます激しさを増してきました。この件について、読売新聞では「今後、何らかの倫理基準の設定が開業医に対して必要とみられると論評しています。

 

こうした事態に応じて、日本産科婦人科学会会長であった飯塚教授は、同学会の会告として、見解を次のように発表しています。

 

「日本産科婦人科学会会告」

パーコールを使用によるXY精子選別法の臨床応用に対する見解
(前略)
1.本法の実施者(臨床応用者)は、生殖医学に関して高度な知識および技術を習得した医師でなければならない。

 

2.本法を実施しようとする会員は、学会指定の書式(様式)に従って、あらかじめ学会に登録しなければならない。また本法の安全性や確実性などについては、本会に報告することが望ましい。

 

3.本法の実施者は、被実施者に対して、実施前に予想される成績や本法の概略等を十分に予め説明し、夫婦の同意書をとり、これを保管しておかなければならない。

 

付記
(1)なお、重篤な伴星劣性遺伝疾患を有する場合の児の妊娠、ないしは受精を回避する目的において本法の臨床応用を、重要な意味での医療行為と判断するかどうかは議論の避けられないところである。この問題に関しては、社会的・倫理的な見解が広く集約されるのを待って、結論が出されるものと考える。

 

(2)本法の類似の研究およびその臨床応用が、将来、行われること、現在行われていることなども想定されるが、会員は、研究の進め方、研究成果の発表をおこなう場に関しては、本学会および所属施設等に設置された倫理委員会等の意見を聴取することが望ましいものである。

 

 

関連ページ

2人息子で3人目が欲しい夫婦が思うこと
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
一姫二太郎が好まれる理由
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
ハローベビーガールを使うと副作用がある?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
ハローベビーガールをオークションで買わない方がよい理由
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
ハローベビーゼリーの口コミまとめ
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
厚生労働省も認める葉酸が妊娠に必要な理由
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分けに力を入れ過ぎてセックスレスに
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女性がストレスを抱えると女の子が生まれやすい?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
人工授精と体外受精はバーコールから
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。