厚生労働省も認める葉酸が妊娠に必要な理由

妊娠を希望する女性にはぜひとも摂ってほしい栄養素のひとつが葉酸です。厚生労働省は、妊娠を希望する女性や妊娠の可能性がある女性は、妊娠していない女性よりも2.5倍以上の葉酸の摂取を推奨しています。これは量でいえば妊娠中の女性よりも多くなります。どうしてここまで葉酸が必要とされるのか解説していきましょう。

 

そもそも「葉酸」とは?

葉酸は、栄養素で言えばビタミンB群の一種で、水溶性の性質をもっています。葉酸は代謝との関係が深く、タンパク質や核酸の合成に作用して、細胞の再生、発育に関係し、細胞を作るために必要なビタミンとされます。

 

赤血球の生産を助ける造血ビタミンという面もあります。ほうれん草などの葉野菜に多く含まれることから、葉酸という名前がつきました。

 

葉酸は細胞を増やすために必要ですから、妊娠期や授乳期には特に必要な栄養素とされていますが、現代人の食生活では普段から不足しがちな栄養素と言われています。ただ、摂取過剰は蕁麻疹やかゆみなどのトラブルになることもあるようです。

 

赤ちゃんの先天異常のリスクを下げる

妊娠すると、医師や助産師から葉酸の摂取を推奨されるようになります。葉酸が、赤ちゃんの成長のために必要というのはもちろんですが、赤ちゃんができるタイミングと、赤ちゃんができたことがわかるタイミングには、数週間のズレがあるのが普通です。すると、その数週間、葉酸が不足してしまっている場合があるのです。

 

葉酸が不足すると、赤ちゃんの先天異常のリスクが高まると指摘されていて、特に「神経管閉鎖障害」という障害が生じ、下肢の運動障害や膀胱・直腸機能障害が起こるリスクが生じます。また、場合によっては脳の形成不全を招き、流産や死産の割合が高くなります。

 

神経管閉鎖障害は葉酸不足の他にも、糖尿病、肥満、遺伝などの原因もありますが、葉酸不足からのケースが多く、葉酸の摂取はリスク低下に有効です。ですから、妊娠の前から葉酸を意識して摂取することによって、赤ちゃんの先天異常のリスクを下げる必要性から摂取が推奨されるのです。

 

「核酸」の形成に必要

葉酸の摂取が必要とされるのは、核酸の形成に葉酸が必要だからです。核酸は、体の中で新しい細胞を作る際の指令塔であり、また細胞の材料になるタンパク質を合成する働きをしています。簡単に言えば、拡散がなければ細胞は生まれず、葉酸がないと細胞はできません。

 

生命は細胞分裂によって成長し大きくなりますが、葉酸が無ければ新しい細胞が生まれずに大きく育つことができません。そのため、しっかり胎内で発育するためにも葉酸の摂取が求められるのです。

 

 

関連ページ

2人息子で3人目が欲しい夫婦が思うこと
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
一姫二太郎が好まれる理由
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
ハローベビーガールを使うと副作用がある?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
ハローベビーガールをオークションで買わない方がよい理由
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
ハローベビーゼリーの口コミまとめ
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分けに力を入れ過ぎてセックスレスに
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女性がストレスを抱えると女の子が生まれやすい?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
人工授精と体外受精はバーコールから
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
賛否両論うずまく産み分けの普及
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。