進む少子化傾向が産み分けを加速

子どもは1家庭2人の時代に

子どもの数をみると、このところずっと、年を経過するごとに出生率の低下が続いています。「むかし」というのは、少なくとも1950年より前のことですが、その頃では考えられないような「少子」の時代がきているといえるでしょう。

 

そのむかしは、一家庭に兄弟・姉妹が五人や六人なんていうのは、珍しくなく、むしろ普通の家庭です。なかには七、八人子どもがいたとしても、特にめずらしいことではありませんでした。反対に、ひとりっ子や二人っ子というのは、めったにないことでした。

 

それがいまや、結婚歴が十五〜十九年の夫婦でも、平均出生率は約二人強程度です。1980(昭和55)年以降に生まれた女性の子どもは、さらに1.96人にまで減少すると予測されています。子どもが1家庭に2人、という時代は、もはや動かすことのできない現実なのです。

 

厚生省の調査からもわかる少子化時代

この「少子化」の現実が、次の子はぜひ男の子が欲しいとか、女の子が産まれて欲しい、という男女産み分けの願いにつながるのです。厚生省の調査を基に、現代の「少子化」の現実について、もう少し詳しくみてみましょう。

 

1940(昭和15)年では、夫婦の平均出生数は、4.27人でしたが、60年代にはいると2人台に低下し、その後、70年代後半以降では、2.2人前後と著しく減少しています。

 

少子化時代が産み分け希望につながる

少子化の厳しい現実のある現在、夫婦が望む子どもの数は、およそ2人程度という意識を反映しているとみられますが、この2人の子どもの性別において、どちらを望むかについても、昔とは違った新しい変化がみられるようになりました。

 

昔であれば、跡継ぎのため男の子を望む親が多かったのに対し、現代ではひとりだけ産むなら女の子が良い、という母親が増えているようです。

 

 

関連ページ

産み分けをすると妊娠率が下がるの?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分けをする上での心得
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
梅干しを食べると女の子が生まれやすくなる?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
体調から予測する排卵日
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
妊活を後押しするサプリメント
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
妊活をサポートする漢方
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
葉酸を多く含む食べ物について
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分け商品で有名なピンクゼリーのデメリット
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分けの成功が高い着床前診断とは
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分けは「少産少死」という時代背景のもとに
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
少なく産むから希望する性の子が欲しい
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
産み分けにはルールと制約もある
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
伴性遺伝の疾患に苦しめさせないために
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
「自然に背く」意識は少しずつ減少
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
男女の産み分けは希望者だけの医療
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
古い因習からも解放される産み分けは
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
XY精子の分離から始まる産み分け
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。