XY2種類の性染色体が子の性別を決定

ヒトの細胞の染色体

染色体の半分は父親から、あとの半分は母親から受け継ぎます。そこで、親には当然似ていますが、また、個体としてはまったく別のものとして誕生するのです。

 

ヒトの細胞の染色体の数は、46個あるといわれています。46個の染色体のうち、44個は常染色体といい、残りの2個は性染色体といいます。この性染色体によって、生まれてくる子が男児か女児か、その性を決定づけます。

 

男性が持つ1個の性染色体はXYです。一方、女性の持つ2個の性染色体はXXです。当然のことですが、子どもの持つ性染色体は、父親、母親の両方から半分の一個ずつもらったものです。

 

XY2種類の性染色体と性別の関係

男の子、女の子の性を決めると言われる性染色体とは、どのようなものなのでしょうか。父親の精子の性染色体は、XとYの2種類になります。そこで、子に伝える性染色体は、あるときは「X」であり、あるときは「Y」です。

 

母親の卵子のの性染色体はXXですから、どちらもXで、子に伝える性染色体は、常に「X」です。父親はXとY、母親はXですから、子に伝える性染色体の組み合わせは、父親、母親からともにXをもらう「XX」と、母親からX、そして父親からYをもらう「XY」になります。

 

つまり、両親から受け継いだ性染色体が「XX」であれば、その子は女の子です。そして、「XY」なら男の子です。生まれる子が男か女かを決めるのは、父親の性染色体によるのです。とくに産み分けの人工授精をするときには、この性染色体XとYは、男性のX精子、Y精子が大変大きな問題になります。

 

あなたが次の妊娠で、男の子が欲しいという場合は「XY」の子が欲しいということです。女の子が欲しいという場合は「XX」の子が欲しいということです。性染色体X、Yは、男女を産み分けする場合の重要なキーワードなのです。

 

 

関連ページ

女の子が欲しい場合はオーガズムは感じないように
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子が欲しければ酢を飲むべき?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子を産むためのポイントまとめ
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
妊娠力を上げるルイボスティー
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子が欲しいならブリーフかボクサーパンツ!?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女児を希望する度合いは男児よりも高い
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
バブル期以降男児希望者も増加傾向に
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
昔からあった男女産み分け願望
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
第一子目から女の子を望む妻たち
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
6人の女児の産み分けがついに成功
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。