第一子目から女の子を望む妻たち

産み分けはすべての夫婦が望むことではない

男児があと継ぎとして強く望まれた時代は長く続きました。しかし、時代とともに、生まれる子の性への願望の傾向は変わりました。先の厚生省出生動向調査の結果にも顕著に現れているように、男の子より女の子を望む妻が多くなったのです。

 

もちろん、これは単なるひとつの傾向で、すべての夫婦すべてにあてはまるというわけではありません。また、男女産み分けの希望が、そこそこかなえられるような時代になったからといって、すべての夫婦が、次の子の誕生に産み分けを希望するわけではありません。

 

ほとんどの夫婦は、健康で満足に生まれる子を自然の営みのなかから、得ているからです。

 

一部の夫婦が産み分けを望む理由

わずか何%かの夫婦は、さまざまな事情をかかえ、次の子の希望する性を選択したいと思うのです。ときには、産まれた子が連続して同性であったりすれば、次の子は今とは異なった性の子が欲しい、と望むこともあるでしょう。

 

ある伴性遺伝性疾患の子に大変悩み、苦しんだ夫婦が、次の子こそは、その疾患が発症しない性の子がほしい、と願うのも、また納得できる心情でしょう。いずれにしても、次の子こそは望む性の子をという願望のなかで、新しい傾向がみえてきたのもまた事実です。

 

第1子目から女の子を希望

男女の産み分けを希望して来院してくる夫婦たちはずっと昔からありました。そしてそのほとんどは、今の子が女の子ばかりなので、次の子は男の子が欲しい、また、反対に、上の2人が男の子なので、次の子は女の子が是非欲しいというものでした。

 

それが今では、初めて出産する子どもから、男の子より女の子を望む人が、妊娠しようとする妻たちのなんと4分の3をも占めているということなのです。そういえば、最近では、私の病院を訪れる夫婦の中で、実際に第1子から女の子の産み分けを希望する人の割合が多くなったという事実と一致しています。

 

出産の世界に広がる女性優位

「子どもが2人できるなら、男の子と女の子、あるいは女の子と男の子という調査結果がある一方で、「子どもがひとりだけなら、女の子がいい」とする人が圧倒的に多いという結果を示している現在では、産まれる子どもの世界にも女性優位の風が強く吹き込んでいるようにみえます。

 

男児と女児を、自分が望む通りに産み分けられるとしたら、たいへんそれは便利なことです。また、次の子は女の子、あるいは男の子を希望する切実な理由のある夫婦にとっては、産み分けは大きな救いになる医療行為であることはまぎれもない事実です。

 

さまざまな統計や調査からみても、いまではほぼ半数が「産み分け法」を認めるようになってきたと言わざるを得ません。

 

 

関連ページ

女の子が欲しい場合はオーガズムは感じないように
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子が欲しければ酢を飲むべき?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子を産むためのポイントまとめ
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
妊娠力を上げるルイボスティー
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子が欲しいならブリーフかボクサーパンツ!?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女児を希望する度合いは男児よりも高い
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
バブル期以降男児希望者も増加傾向に
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
昔からあった男女産み分け願望
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
6人の女児の産み分けがついに成功
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
XY2種類の性染色体が子の性別を決定
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。