昔からあった男女産み分け願望

男女の産み分け願望は昔から

男の子か女の子、これから生まれてくる子が夫婦の願い通りに選ぶことができればいいな、という男女の産み分けの願望は、ずっとむかしからどこにでもありました。そして、その時代、時代での科学的なレベルに応じて、それなりの男女産み分け法が提唱されることもありました。

 

古代ギリシャの産み分けに関する教え

古代ギリシャでは、たとえば、かの有名な哲学者アリストテレスは、男女のどちらが性交中に「精力的」かで、次に、男の子ができるか、女の子ができるか、ということが決まっているという説を唱えました。

 

そこで実際にその方法として教えたのは、性交の際に、右の精巣(睾丸)をしばれば、男の子が得られるというものでした。

 

いつの時代も存在する産み分け

そのほかにも、男の子、女の子、どちらでも望む性を得るための迷信や俗説は数多くみられました。しかし、その背景には男女の強い産み分け願望が、いつでも時代を超えて存在していたということを明示しています。

 

生まれてくる子に男の子を望むか女の子を望むかは、それぞれの時代背景や夫婦の事情によって違いますが、ごく一般的にいうと、女の子よりも男の子が多く望まれた時代が長く続きました。

 

ことに封建的な空気が色濃く残っていた時代には、家業や家名、財産などの後継者として、男の子のあと継ぎが強く望まれたのです。

 

必死に男児を出産する嫁

跡継ぎが望まれるため、第1子が女、第2子も女、3子も…と続いて女児ばかりということになると、その家の嫁の立場自体にもかかわり、存在もうとまれることから、彼女たちは必死に男児誕生を望んで産み続けました。

 

しかし、男の子か女の子かは、出産してみなければわからない。これだけは、人の力でどうこうできるものでもありませんでした。そんな時代がずっと続いてきたのです。

 

しかし、いまでもまだ、男の子、女の子、自由自在というわけにはいきませんが、男の子が欲しい、あるいは、次は女の子が欲しい、という痛切な願いが、100%ではなくても、ある程度はかなえられる時代になってきました。それが、現在の産み分け法です。

 

 

関連ページ

女の子が欲しい場合はオーガズムは感じないように
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子が欲しければ酢を飲むべき?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子を産むためのポイントまとめ
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
妊娠力を上げるルイボスティー
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子が欲しいならブリーフかボクサーパンツ!?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女児を希望する度合いは男児よりも高い
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
バブル期以降男児希望者も増加傾向に
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
第一子目から女の子を望む妻たち
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
6人の女児の産み分けがついに成功
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
XY2種類の性染色体が子の性別を決定
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。