女児を希望する度合いは男児よりも高い

夫婦が望む子の人数と実数

現代では、実際にいる子どもの数は、およそ一夫婦で2.2人となっていますが、夫婦が望む理想の子どもの数は、2.6人となって、2.2人の実数を上回る傾向にあります。

 

これは、夫婦が理想とする子どもの数は2.6人であるけれども、2.2人の子どもしか実際には持てないという夫婦像を浮き彫りにしているといえるでしょう。

 

1人っ子なら欲しいのは男の子か女の子か?

ところで、もし現実に子どもがひとりしかいないとしたら、あなたならは「男の子がいい?」それとも「女の子がいい?」。さてどう答えますか。こんな調査結果もあります。

 

もし子どもがひとりだけだとしたら、「女の子がいい」。

 

76%もの妻たちがこう回答したのでした。これを10年前と比べると、「女の子がいい」は44%、それに対して「男の子がいい」と答えたのは52%と上回っていたのですから、望まれる子の性は、この10年間で男の子よりも女の子へと逆転してしまったのです。

 

2人だとしたら欲しいのは男の子か女の子か?

「女の子がいい」というのは、ひとりっ子の場合です。では、子どもが二人だとしたらどうでしょうか。次のような結果を妻たちは示しました。男の子2人と答えたのは2.7%、女の子2人と答えたのは3.3%、男の子と女の子1人づつと答えたのは84.0%でした。

 

子どもが2人なら「男の子と女の子がひとりずつ」が圧倒的なのは当然ですが、「女の子だけ」というのが、男の子だけより圧倒的に多いのが象徴的です。

 

ちなみに1982年に行った調査によると、8.8%の人が男の子だけ、8.9%は女の子だけと、ほぼ同じ調査結果でした。これも男の子から女の子への逆転現象と言えるでしょう。

 

 

関連ページ

女の子が欲しい場合はオーガズムは感じないように
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子が欲しければ酢を飲むべき?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子を産むためのポイントまとめ
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
妊娠力を上げるルイボスティー
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
女の子が欲しいならブリーフかボクサーパンツ!?
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
バブル期以降男児希望者も増加傾向に
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
昔からあった男女産み分け願望
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
第一子目から女の子を望む妻たち
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
6人の女児の産み分けがついに成功
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。
XY2種類の性染色体が子の性別を決定
お金をかけずに高い確率で女の子を授かる方法を詳しく説明しています。産み分けで女の子が欲しい方は必見です。