産み分けの疑問記事一覧

実際、男女の生み分けの確率はどのくらいなのでしょうか?生み分けを希望しているとき、気になるのはやはり希望の赤ちゃんを授かることのできる確率ではないでしょうか。あるデータによると、男の子の成功率が81%、女の子が80%の割合となっています。ただ、人により膣内の酸性度、また、精子にもよります。なぜ、生み分けが失敗するのか?産み分けをしようと努力しても、希望どおりにならない場合があるのかというと、理由は...

赤ちゃんの性別を産み分ける産み分けゼリーを使うことで副作用があるのかどうか心配される方もいらっしゃると思います。実際、「ハローベビーガール」「ハローベビーボーイ」などの産み分けゼリーの商品が販売されていますが、副作用によって何らかの形でその影響が出てしまうのではと思うのも無理はありません。では、産み分けゼリーを使うと副作用はあるのかどうか、見ていきましょう。産み分けゼリーで障害が?産み分けゼリーの...

現代では不妊に悩むカップルが6組に1組あると言われています。子供が生まれればまずはバンザイ、と思うと思いますが、そのなかだとしても生み分けを希望するカップルもいるものです。不妊症の人でも生み分けは可能なのでしょうか。理屈としてはできますが・・・生み分け自体ができるかできないかで言えば、理屈としては可能です。生み分けの基本は、精子のうち、X染色体、Y染色体のどちらをもった精子を、受精させることができ...

女性のライフスタイルは大きく変わり、晩婚化は進行しています。その中で、初産の年齢もどんどん上がっていて、高齢出産を迎える人も増えました。一般的に高齢出産とは40歳以降の妊娠・出産を言います。40歳を過ぎると、20、30代よりも妊娠しにくくなるので特に分けて考えます。さて、産み分けを希望する人も少しずつ増えているといいますが、果たして高齢出産だとしても産み分けは可能なのでしょうか。産み分けはできなく...

「妊娠には卵子と精子が結合し、受精卵を作らないといけない」ということは多くの人が知っていると思いますが、たった一行で言って終わるには、この間にあまりに多くのことが起こっています。この卵子に出会うまで、精子がどのような道をめぐるのか追ってみましょう。大まかな路程膣内において射精が行われると、そこから子宮頸管、子宮内部を通って、排卵された卵子が待つ卵管膨大部を目指すようになります。しかしながら、スター...

産み分けのための情報がたくさんありますが、その中で今回はお酢を使った方法をご紹介したいと思います。簡単に言うと、お酢を使えば女の子が生まれやすくなるそうです。では、どのようにすると産み分けに有効なのでしょうか。女の子を生むためのお酢の使い方産み分けでお酢を使う場合は、飲んだり食品にかけて摂取するのではありません。セックス前、15分ほど前に膣内を酢で洗浄するという使い方をします。正直、びっくりする方...

昔から産み分けというのはできるともできないとも言われてきました。今でこそ、精子や卵子についてのことが詳しくわかるようになり、科学的に根拠のある方法によって産み分けが現実的になってきていますが、それでも100%というのはありません。昔から迷信のようなもので、食事によって産み分けをする方法が言われていますが、これは実際どの程度の効果があるのものでしょうか。食事による産み分けの科学的根拠食事による産み分...

産み分けを希望するカップルが増えていますが、実はこの産み分け、男の子を産むよりも女の子を産む方が難しいといわれていることをご存知ですか?近年は、女の子の方がいつも近くにいてくれるし、また育てやすいなどの理由で、女の子を産みたいという希望が強くなっているそうです。どうして人気の女の子は産みにくいのでしょうか?産み分けの仕組み実は、これは産み分けの仕組みによる部分が大きいと言われています。というのは、...

女性であれば、お腹を冷やさないのは当然のこととして、至るところで教育されていると思うのですが、それは結局、子宮を温めることが目的です。子宮を温めることによって、生殖器がしっかり働くようになり、ホルモンバランスも安定して、女性特有の症状が改善されたり、生理の周期が安定したり、また妊娠しやすくなるなどメリットが多いのです。では、子宮を温めるためにはどのようにしたら良いのでしょうか。子宮を温める際のポイ...

産み分けを希望する人であれば、まずはしっかりと妊娠できる状態であること、それが前提条件であると言われています。妊娠を意識するなら、当然お母さんの体が元気でいなければなりませんし、そしてしっかりと妊娠できる状態である必要があります。そのようにコンディションを作るために重要だと昔から言われ続けているのが、「子宮を温める」こと。「女性はお腹を冷やしてはいけない」と言われたことのある人も多いと思いますが、...

産み分けを行いたいという人や、また年齢的に複数回の出産が難しいという人で、「双子がほしい」という希望をする人もいます。「双子で、一度に男の子と女の子が産まれると最高」と言う人もいます。そうは言っても、双子が産まれるだけでも非常に珍しいことですし、それを狙って行うということは可能なのでしょうか?双子ができるためには?良く知られていることではありますが、双子には一卵性と二卵性があります。一卵性双生児と...

今は理想の家族構成を作るための方法として注目される産み分けですが、もともとはどういった事情で始まったかご存知でしょうか?産み分けの始まりは健康のため産み分けの始まりは、伴性遺伝による子供への影響を最小限にするために研究が始められたことです。伴性遺伝というのは、遺伝子に依存する遺伝のことで、たとえば疾患で言えば色盲や血友病といった病気がそれにあたります。色盲であれば、色盲の男性の孫の代で男の子に色盲...

理想は3人、現実は2人ちょうどバブルの崩壊と言われた時期が調査の時期と重なり、将来の不安感もあったためか、理想的な子ども数は、11年前の調査に比べて、2人を望む人のほうが3人を望むより増加しています。しかし、産婦人科病院としての実感では、おもしろいことに、これからあと、3人目の妊娠で出産するために病院に来る人が多くなっているのです。産み分け法への関心により女の子を希望する人が上昇男女産み分け法自体...

生まれる子の性は何によってきまるか女が生まれるか、男が生まれるかの責任は、夫と妻のどちらにあるかと聞かれたら、あえて言うなら、それは男性の側にあるでしょうと、答える人は少なくないはずです。夫と妻が何をすれば、妻が妊娠するか、だれでもそれは分かっています。夫の精子が妻の卵子と合体して、受精し、その結果妊娠するのです。妊娠後、生まれてくる子は女の子でしょうか。男の子でしょうか。それを決定するのは何によ...

パーコールの使用禁止日本産科婦人科学会会や厚生労働省、新聞各紙等によるいきさつがあったあと、論議の決着がつかないまま、当分の間はという期限付きではありましたが、XY精子選別法には、パーコールを使用禁止という日本産科婦人科学会の見解が出されることになりました。パーコール法を用いた男女産み分けのためのXY精子選別法は、このようにして、使用することが不可能になり、男女産み分け法も新たな時代を迎え、現在に...