産み分けのイロイロ記事一覧

女の子がほしいと願うご夫婦、「赤ちゃんの生み分け」ができることご存じでしょうか。生み分けというのは、ごく自然な方法で希望の性別をより妊娠しやすくしていきます。ただ、一般的な話として、生み分けを実践すると妊娠率が下がってしまう可能性があるということもいわれます。はたして、本当に生み分けをすると妊娠率がさがってしまうものなのでしょうか。生み分けの方法生み分けにはさまざまな方法があります。良く知られてい...

産み分けをするとき、心得えておきたいことというといったい何でしょうか。「元気に生まれてくれれば性別はどっちでもいい」といいつつも、やっぱり「会社や店のあとつぎに、できれば男の子が欲しい」「可愛い洋服を着せてあげたいから、女の子がいい」といったいろいろな思いがあるかと思います。しかしながら、その生み分けというのも人間の勝手な操作になるわけですから、自然な「受胎」という営みのなかでは、必ずしも親の願い...

子供を授かるにおいては、ネット上でさまざまないわれがあり、たとえば、梅干しを食べると女の子が生まれやすくなる、というのがあります。これは本当に女の子を授かりやすくなるコツなのでしょうか?女の子を授かるためには酸性に女性が妊娠するためには、性交をし男性が女性の膣内に射精をする必要がありますが、このとき、膣内の状態が酸性になっているほうが、X染色体が活性化し、女の子が生まれやすくなります。こういった男...

妊娠を真剣に考えるのであれば、やはり妊娠しやすい排卵日の予測が必要不可欠。オギノ式など計算方法もあるようですが、そういった計算をするまでもなく、自分の体と向かい合っていれば、ある程度のことは自然とわかるもの。では、自分の体調から排卵日を予測するにはどうしたら良いでしょうか。生理周期と体調の変化女性の体は4つの状態を周期的に繰り返して妊娠準備を行っています。その段階に応じて、卵胞期、排卵期、黄体期、...

妊活の中では、適切な栄養の摂取は必須項目です。体の健康状態を保ち、また心身の状態を安定させることによってホルモンバランスを整えることは周期の調整や正常な生殖機能を保つために重要です。そういった妊活を支えるサプリメントも多く出ていますが、どういった成分が含まれているのか、その一部をご紹介しましょう。生殖器の機能維持・改善に「牡蠣エキス」妊活のためのサプリメントであれば、ぜひ頭に入れておきたいのが牡蠣...

漢方は日本の東洋医学漢方というと中国のイメージがありますが、実は古代中国の医学体系を取り入れて、日本で独自に進化したものです。もちろん、中国には中国の東洋医学(中医学)がありますし、共通点もあれば、今も共同で研究がされている部分もありますが、こういった漢方医学は日本の医療の質を高めている一因とも言われています。国家的にも認められて、エキス剤148種類、生薬200種類が保険適用で利用できます。漢方の...

葉酸は妊娠を考えている人であれば、多めに摂取しておきたい栄養素です。葉酸をしっかり摂取することによって、赤ちゃんの先天的な障害を予防したり、またその発達や成長をしっかりさせることができるとして、厚生労働省も積極的な摂取を推奨しています。それでは、その葉酸はどういった食品に多く含まれているのでしょうか。一日の目標量は?ちょっとその前に、葉酸の一日の目標摂取量について確認しておきましょう。厚生労働省が...

産み分けを希望する男女の中で人気が高いアイテムのひとつがピンクゼリーです。いわゆる、産み分けのためのアイテムで、人工的に膣内環境を変えて、女の子が生まれやすい環境を作るという産み分けゼリーです。産み分けゼリーとはどんなもの?産み分けゼリーというのは、簡単に言えば、希望する性を生むための精子のみが残りやすいように膣内環境を調整する、それを目的としたゼリーです。産み分けゼリーでは、膣内のpH値を調整す...

産み分けを希望する人が増えてきていますが、産み分けの成功率が現在もっとも高いと言われている方法が着床前診断です。着床前診断とは?着床前診断というのは、もともと染色体、遺伝子の異常を発見することで、遺伝子疾患をもった胎児の出産や流産を避けることを目的にしているものです。そのため、決して産み分け目的として使うものではないことを覚えておきましょう。この方法は、排卵日に女性の卵子を体外に取り出し、そして男...

結婚をして、子どもできて、出産する。それはごく自然な流れです。成人した男と女がいっしょに暮らし、性生活を営み、結果として子どもができる、というのは自然の摂理です。夫婦にしてみれば、生まれるのが女の子でも、男の子でも、自分たちの子どもに変わりはないのですから、もちろんかわいいものです。ずっと昔から、「子どもは天から授かるもの」という考え方が定着していました。少なくとも戦前といわれる一九四五年より前で...

どうして産み分けしたくなるのか?男の子と女の子を産み分ける法として考えている夫婦も多いと思いますが、どうして男の子、もしくは女の子を限定して欲しがるのでしょうか。また、こんなケースもあるでしょう。すでに何人かの子宝に恵まれた夫婦であっても、その子どもたちが男の子だけだったり、あるいは女の子だけだったりといった場合です。もうひとりくらい欲しいと思うけれど、今いる子が男の子ばかりの夫婦だったら、次に生...

希望する性の子どもを産み分けたい男の子、あるいは女の子が欲しいからといって、ほとんどの夫婦は、男の子、あるいは女の子が産まれてくるまで、何人でも産み続けようということは考えないと思います。今、自分たちの子は、1人の男の子だけ、あるいは男の子2人だけだが、次に産まれてくる子は、ぜひ女の子が欲しいという場合、また反対に、ぜひ男の子が欲しいという場合、その希望をかなえてくれるという良い方法はあるのでしょ...

産み分けの重要な理由妊娠する子の性をあらかじめ選択する男女産み分けを望むのは、ただ単に時代が、「少産」だから、数を少なく産むのだから子どもの性別を選びたいという願いがもとになっているほかに、もっと切実で重要な理由が考えられます。それは、医学上の見地から、「伴性遺伝疾患」という、親が子に伝えるマイナスな遺伝を予防するという目的での男女産み分け法です。伴性遺伝疾患とは伴性遺伝疾患にはいろいろあります。...

子どもは1家庭2人の時代に子どもの数をみると、このところずっと、年を経過するごとに出生率の低下が続いています。「むかし」というのは、少なくとも1950年より前のことですが、その頃では考えられないような「少子」の時代がきているといえるでしょう。そのむかしは、一家庭に兄弟・姉妹が五人や六人なんていうのは、珍しくなく、むしろ普通の家庭です。なかには七、八人子どもがいたとしても、特にめずらしいことではあり...

過去の調査結果からみられる意識の変化男女の産み分けについて、ある調査結果が3つあり、これらを比較してみましょう。1つは、1980年に行われた調査、もう1つは1991年、そしてもう1つが1998年のものです。また、これらのほかに独自に行った調査結果、1993年のものがあります。それぞれ調査範囲や対象が異なるので、単純に比較することはできませんが、初めの調査の段階から、時間的な経過と併せて男女の産み分...

子どもを持とうとしない理由産み分けに対する意識の変化も確実に表れてきています。1997年の子どもの数意識調査で、理想の数の子どもを持とうとしない理由について、子どもが産めないの13.1%を別として、残りの子どもが出産できる人の中で、「子どもを育てるのにはお金がかかる」と回答した人が37%にものぼったことが分かりました。将来の不安が出産にも影響している時代であると思われます。男女産み分け法は希望者だ...

嫁たち、妻たちの辛い歴史現代の男女の産み分けが、女性たちの家庭内の地位、社会上での地位の向上に大変役立っていることは、確かな事実として認識されています。男の子、女の子をうまく産み分けられなかった、かつての嫁たち、妻たちには、女ばかり産めば「女腹」と、舅や姑に限らず、家中のだれかれに責めたてられ、それでは男児ばかりならよいのかというと、「男腹」だとこれもうとまれて、白い目でみられた長い辛い歴史があり...