女の子が欲しい夫婦が知っておく事記事一覧

女の子を授かりたいなら、オーガズムは感じないように・・・などとよく言われます。これはどうしてなのでしょうか。オーガズムと性別の関係一般的には、女性がオーガズムを感じると、膣内がアルカリ性になるといわれます。女の子ができやすいのは、膣内が酸性のとき、つまり、オーガズムを感じない状態のときなのです。それで、オーガズムを感じないような状態で射精をすることが必要なのです。女の子を授かりたいなら女の子を妊娠...

女の子が欲しければ酢を飲むべきなのかどうか?という疑問から、ネット上では、「酢」や「女の子」といったキーワードで調べている人もかなりいらっしゃるようです。酢を使った料理、あるいはリンゴ酢のようなドリンクを摂取すると女の子を授かりやすい、という口コミによるものかと思います。実際、これは本当なのでしょうか。酢を飲めば女の子が生まれやすい?酢を飲むと女の子が生まれやすいというのは、結論から言うと、確固た...

跡継ぎに男の子が欲しいということで産み分けを期待する人が昔は多く、今では娘の方が育てやすく、また先々まで仲良くできるという理由で、女の子を産みたいという方が多くなっているそうです。狙って女の子を産むためには、どういった点に注意すると良いのでしょうか。ポイントになる部分を簡単になりますが、まとめてみたいと思います。ポイントは精子の性質まず、具体的な方法に入る前に、ポイントについて解説します。赤ちゃん...

今は妊活を頑張っているカップルが多くなっているそうですが、そんなカップルの中で、妊娠力を上げると人気上昇中の飲み物がルイボスティーです。どうして妊活カップルにルイボスティーが妊娠力を上げるのでしょうか。ルイボスティーとは?ルイボスティーは、南アフリカの山脈地域に生息する、アスパラス・リネオスという木の葉から作られるお茶です。カフェインレスのお茶として、カフェインが苦手な方々にも人気があり、また妊娠...

産み分けのためには、日々いろんな方法が考案されています。その中には荒唐無稽なものもあるのですが、科学的にもそれなりに納得できるような手法もあります。そこまで影響はないかもしれませんが、少しでも産み分けの確率を上げたい、と言う方は、男性のパンツにもこだわってみてはいかがでしょうか。パンツが産み分けに関係する理由どうしてパンツが産み分けに関係しているのかといえば、基本的に精子は熱に弱い性質があるからで...

夫婦が望む子の人数と実数現代では、実際にいる子どもの数は、およそ一夫婦で2.2人となっていますが、夫婦が望む理想の子どもの数は、2.6人となって、2.2人の実数を上回る傾向にあります。これは、夫婦が理想とする子どもの数は2.6人であるけれども、2.2人の子どもしか実際には持てないという夫婦像を浮き彫りにしているといえるでしょう。1人っ子なら欲しいのは男の子か女の子か?ところで、もし現実に子どもがひ...

あと継ぎの男の子から話し相手の女の子へひとむかし前であれば、あとを継いでくれる男の子を妻たちは、まず望んだものでした。それが今では、家族像は核家族化が進み、さらに直面した高齢化社会を反映し、介護や老後の話し相手といった思惑もあり、女児を望む傾向が強くなったと思われます。2人なら男の子より女の子妻たちは1人だけ産むなら女の子、2人産むのなら、女の子と男の子の1人ずついたらいいと思うけど、そうでなけれ...